国内プログラム

【★満員御礼★】
たくさんのお申し込み、ありがとうございます!

ロミー・フィリップス ヨガセラピー指導者養成コース

日時 2017年5月3日(水)〜5月7日(日)
10:30〜17:30 ※休憩1時間
開催校 ファーストシップ新宿校
  • カリキュラム内容
  • 講師プロフィール
  • 概要

このような方におすすめです

  1. 日本ではなかなか学ぶ機会や環境が少ない、ヨガセラピーを学びたい方
  2. ヨガをより医療の側面からアプローチしてみたい方
  3. 腰痛や側弯症を抱えた人や個々のニーズに特化したヨガの理解を深めたい方
  4. RYT500取得を目指す方
  5. 国内にいながら、一流海外講師からヨガを学びたい方

代替医療のひとつとしてポーズや瞑想などを総合的に取り入れたヨガ

ヨガは健康な人だけのものではありません。ヨガの指導をしていると、様々なケガ、身体の不調を抱えた人と出会います。
通常、腰を痛めたり、風邪をひいたりすれば運動を控えないくてはならなくなりますが、しかしヨガは、ケガや病気の間の気分を良くするパワーを持っています。
病気やケガを抱えていても、妊娠中でも、車イスであっても、呼吸さえできれば取り組むことができるのがヨガの特徴です。
ヨガセラピーとは、ヨガの特徴を活かし、治療的な部分を発展させた【治療的なヨガ】で、心や身体に問題を抱えた方々の症状改善、緩和を目指す「補完、代替医療」のひとつです。
アメリカでは1500万〜2000万人がヨガを日常生活に取り入れています。「補完、代替医療」としての『ヨガセラピー』への人気も高まっており、医師が患者にヨガセラピーのセラピストを紹介するという環境もできつつあります。
今後日本でも発展が期待できる分野です。

カリキュラム内容

  1. このコースは、ヨガがもつ癒しの力や、人生観が変わるほどのパワーに焦点を当てていきます。一般的なケガなどの損傷や体の不調が、ヨガセラピー(治療的なヨガ)によってどう回復するのかを扱うプログラムです。生徒の体に触れたり、ハンズオン(手当て)をすることで、症状を緩和できたり、健康に導くためのスキルを深められていると認識できるようになるでしょう。解剖学、運動生理学、生徒の症状を正しく見極められるスキル、特定の生徒の状況に対して安全で適切なシークエンスを組めるようになる技術を追求していきます。

    コース内容

    次の項目を学んでいきます。

    上半身

    • 肩:機能の改善、肩関節や動きの安定化。「五十肩」や回旋腱板損傷と言われるような一般的なケガや症状について話し合います。
    • 首:コリやその他の首の不快症状について。

    背骨と背中

    • 脊柱側弯症:脊柱側弯症の共通の特性や、極めて重要なアーサナとアジャストメントが背骨の配列を改善することに触れていきます。
    • 腰痛と坐骨神経痛:腰痛と坐骨神経痛の典型的な原因を探り、どのアーサナが痛みを軽減し、不快感を緩和するのかを見ていきます。

    下半身

    • 臀部と骨盤:かたい股関節の可動域を上げ、股関節と仙腸関節をより柔軟に安定していきます。近年増加している人工股関節を抱えた生徒への対応も学びます。
    • 膝:レッスン中の安全なアライメントを知ることで、靭帯や半月板損傷に見られる一般的なケガについて理解を深めます。
    • 足首と足:身体構造上の基盤となる足、足首のアライメントを理解します。捻挫などのケガについても触れていきます。

    神秘体(オーラ体)

    • 神経系:痛みの緩和やストレスの軽減、不眠症の解消のために有効なプラナヤーマ(呼吸法)と瞑想。神経系やエネルギー・バランスを落ち着かせ、活性化させましょう。

    シークエンスと健康状態

    • 特別なニーズや治療をメインとしたヨガセラピークラスの開発
    • 姿勢を機能的な側面から見ていくこと
    • 生徒一人一人との確認−ニーズを特定し、適切なアーサナを決めること
    • リハビリテーションを行う医療従事者と協力すること

卒業生の声

Makoto(マコト)
  • ファーストシップ講師リーダー、スタジオディレクター
  • 全米ヨガアライアンスE-RYT500 保持者
Makoto

ロミーは米国yogaworksの認定講師で、何度か東京でRYT200のトレーニングをリードされていました。
ロミーの魅力はなんといっても、その大らかな人柄。内容が難しいyogaworksのトレーニングは、あまりのハードさにヨガ経験が浅い生徒さんは戸惑ってしまうということが多々あるようですが、ロミーはその持ち前の大らかさと明るさで多くの生徒さんを勇気づけしていたのが印象的でした。
そんなロミーが通常のヨガ指導に加えて、情熱を注いでいるのがヨガセラピーです。
ヨガ指導者としてだけでなく、ヨガセラピストとしてのキャリアを持つ彼女とのセラピー的な要素でのヨガセッションを受けてみたいにと思い、ファーストシップの講師陣で勉強会を開催しました。左腰椎が側弯気味である私は、当時、左の脊柱起立筋や腰方形筋が緊張しハリ感や違和感がありました。その症状をロミーに訴えると、その症状を緩和するやり方でのアーサナの取り組み方を教授してくれ、自分が胸椎を伸展させ過ぎてポーズに取り組んでいるのだと気づきがあり、その気づき以降、症状が本当に目立たなくなりました。
単に医療としてのヨガの側面だけではない、ロミーのヨガセラピーの魅力を感じました。
この講座を受講していただくことにより、より個々の心身に寄り添うプライベート感の豊富なクラス展開が可能となるでしょう。皆様にも是非、ロミーからヨガセラピーの世界と彼女の人柄に触れていただきたいです。

YUMIKO(ユミコ)
  • ヨガインストラクター
  • 全米ヨガアライアンスRYT500保持
YUMIKO

自身も脊柱側弯症や腰痛を「ヨガ」で改善した経験を持つロミー先生は、その恩恵を多くのの人に共有するため、『ヨガセラピー』をライフワークとされています。
その経験に基づいた指導はとっても実践的!ヨガセラピーを学びたい方はもちろん、クラアントへの観察力を養いた方も確実に指導スキルアップにつながる ことが期待されます。
とにかくパワフルでハートフルなロミー先生♪いつも大きな声で笑っていて、ハッピーオーラ満載です!
ちょっと気分が沈んでいる時でも、ロミー先生に会うといつの間にか同じように大きな声で笑っているから不思議です。
本当にたくさんの生徒さんから愛されていて、来日中の休日は生徒さんやお友達とのお出かけの予定でいっぱいですし、帰国する時は生徒さんからのプレゼントでスーツケースがいっぱいのようです(笑)。
ロミー先生の人柄に触れると、ヨガを学び、人生に反映させることは、本当に楽しく幸せなことなんだと感じます。
素晴らしい先生をファンーストシップにお招きできることがとても嬉しいです!

他にもたくさんの声が届いています

  • ロミー先生のヨガセラピー指導者養成コース、大盛況でした。側弯症をもつ私には、本当に実りある、充実した5日間の学びでした。意外に周りにも痛みを抱えた方が多かったり、左右差を実感するけどどうしたらいいのか分からない方もいて、すぐに実践できたり、意識を向けるお手伝いが早速できそうです!ありがとうございました。

  • ロミー先生のトレーニングでは、彼女の人柄が反映されている、アクティブでダイナミックなクラスを受けることができます。ロミー先生自身が積み重ねてきたプラクティスによって練り上げられたシークエンスは、一般的なアーサナがこんなにもバリエーションに富んでいて、こんなにも効果が感じられるのかと驚くでしょう。
    2014年の『ヨガセラピー』のクラスでは、ロミー先生の得意とする「脊柱」に関するセラピー効果のあるレッスンを受けることができ、腰痛や坐骨神経痛がある私にとって本当に心地の良い時間でした。また、身体的にセラピー効果があったのはもちろん、精神的にも、彼女のレッスンを受けることでなぜか心がほぐれます。
    言葉が通じなくても、なんとなく言いたいことを理解してもらえて気持ちを汲んでくれて、とびっきりの笑顔を見せてくれます。本当にロミーの人柄は温かく、ときに少女のように無邪気に大笑いをする彼女に、一度あっただけでも虜になってしまうでしょう!私もロミー先生のようなパワフルで優しい先生になりたいとヨガ講師の道に進みました。ぜひ皆さんもロミー先生から、アーサナだけでない「ヨガとは?」を学んでみてください!

  • 私は英語喋れません。ロミー先生も日本語喋れません。でもなぜかいつもそこには会話と笑いが飛び交っています。
    ロミー先生はなんて言っても人間性の素晴らしさなんだと思います。ヨガセラピーを得意とするロミー先生のクラスは、腰痛持ちの私に対して常に注意深く見てくれていました。大きな心で包んでくれるような時間と、生徒が安心して自身自身と向き合う時間を作ってくれます。そんな中、手をそっと差し伸べてくれる・・・それがロミー先生の愛です☆
    日常の中でもそんなロミー先生の人柄に触れることがありました。実際トレーニング期間中に悩んでいる時に、何も打ち明けていなかったのに、ロミー先生からの私宛にメールが来て、励ましてくれたことが今でも忘れられません。一人一人の生徒としっかり向き合ってくれます。
    「アシュタンガヨガを学んだ次に、アイアンガーヨガも学ぶわ。おかしいかも知れないけど、双方には素晴らしいエッセンスがある。だから学ぶの。」と言う、何事もに囚われることのないロミー先生の心はすべてを受け入れてくれます☆
    ロミー先生の大きな愛に触れてみてください!ヨガってこういうことなんだ!!なんて思うかも知れません。私もロミー先生に会える日が待ち遠しいです♪

講師プロフィール

Romy Phillips(ロミー・フィリップス)

Romy Phillips(ロミー・フィリップス)

UCLAで解剖学を学び、UCLA医療センターで理学療法の補佐官を務める。2001年からアメリカL.Aや日本でヨガを教え、L.Aで米国yogaworksのRYT500を取得した後、3年以上にわたり3人のヨガ講師に師事。2012年日本で初の全米ヨガアライアンス200時間トレーニングを開催、yogaworks200時間トレーニングとして100名以上の生徒に指導。3ヵ月以上にわたり、東京の大手ヨガスタジオにて週5〜7クラスを担当した。現在、yogaworksシニアインストラクターに認定されている。旅行や異文化での体験が好きで、ブログ“Yoga with Romy”(http://yogawithromy.com/)にその様子が綴られている。アシュタンガヨガの熱心な生徒であり、ヨガセラピーの瞑想に造詣が深い。アライメントに重点を置いたヴィンヤサヨガのクラスを展開。山場のあるシークエンス構成が得意。トレーニングでは、生徒に自信を持つよう鼓舞し、豊かなヨガのキャリアのための基盤であるトレーニングで、熱心に研究や練習を重ねるよう促し、生徒の独自性や才能を見出すようにしている。

ロミーは以下のトレーニングを修了:2007年yogaworks300時間、2006年哲学とプラナヤーマ(リサ·ウォルフォード)、2005年ヨガワークス200時間(リサ·ウォルフォード、ブリジット・クリスティン)、2002年アヌサラヨガ ティーチャートレーニングLevel1(Naime Jezzeny、Sue Elkind、Anthony Bennati)、2002年アヌサラヨガ ティーチャートレーニングLevel1(ジョン·フレンド)、2003年アヌサラ ミニセラピートレーニング(ジョン·フレンド)

概要

期間 2017年5月3日(水)〜5月7日(日)10:30〜17:30 ※休憩1時間
場所

ファーストシップ新宿校:新宿駅直結徒歩1分

アクセス:http://www.firstship.net/access/

通訳 経験豊富な女性アシスタント兼通訳が入ります。英語が不安な方もお気軽にご参加ください。
費用 定価 150,000円
費用に含まれるもの プログラム費、通訳費、テキスト代、テキスト翻訳費
RYT500の必須・選択科目 選択科目100時間に加算されます。【30時間】
参加条件

・深刻なケガをお持ちの方、妊娠初期・後期の方はご相談ください。
・最少催行人数に満たない場合は開催を取りやめる場合があります。ご了承ください。

その他

男性更衣室・女性更衣室完備、鍵つきロッカー完備、常温ヨガスタジオ、レンタルマット1回200円等

お申込みはこちら

ファーストシップのことをもっとよく知りたい方はこちら

パンフレットをご希望の方
ファーストシップにご興味をお持ちの方は、お気軽にパンフレットをご請求ください。
無料資料請求をする
無料体験レッスン・カウンセリング参加ご希望の方
あなたにピッタリのプログラムをカウンセラーと一緒に選んでいきましょう♪
オープンキャンパスに参加する

ページ上部へ戻る